平成23年1月
活 動 報 告
[T] 「平成11年度〜平成22年度」提案主要事項 その他の提案事項
[U] 国の財政と町の財政
[V] 私がやるべきこと。次の一手。百年に一度のビックチャンスをつかめ
[T]平成11年度から平成22年度(3期12年)
提案主要事項
役場が変わらなければ町は変わらない。
(1)役場の窓口対応を変える
職員の考え方を変えれば行動も変わる,人のため奉仕することは自分のため
イ)職員の元気な挨拶、分かりやすい説明
ロ)椅子に座っての対面応対
ハ)たらい回しをしない、役場の恥
ニ)課内の整理、整頓、カウンターに花一輪
平成11年6月〜


  達  成
(2)役場のお金は町民のお金
イ)予算決算を分かりやすく町民に説明
    予算概要作成、全世帯へ配布
ロ)1つ1つの事業について評価検証する。
    (Plan-Do-See)
平成11年6月〜
  達  成


平成12年9月〜
  達  成
(3)役場組織の見直し
イ)微税課 役場の徴収窓口を1つに
    
ロ)高齢者課、高齢者に関わる業務を1つに
平成12年3月〜
  

平成23実現か?
(4)倫理道徳の町づくり
イ)ひとこえ挨拶の運動と心の教育の実現
平成12年3月〜
  
 一   部
(5)こども英語力養成
イ)保育園幼稚園から英語になじませ、世界に羽ばたく子供を養成 平成12年12月〜
  一   部
その他、提案し実現したもの
(1)志免町の長、中期の町づくりのビジョンを示せ 平成11年6月
(2)地域商店の活性化、商品券の利用、町の金は町で使え 平成11年6月
(3)給水20戸規制の撤廃を
   土地有効活用の推進
平成12年6月
(4)福岡空港の新宮沖の新設移転に反対
   現空港の増設で対応。
   平成21年に増設で決定。
平成13年12月
(5)7.19水害、宇美川改修、内水対策。

   防災マップの整備
平成15年9月
(6)シーメートのエントランスホールにグランドピアノ設置 平成17年12月
(7)多目的グラウンドの新設、グラウンドの芝生化ならず 平成19年6月
(8)粕屋6町合併へ協議。久山粕屋両町の反対で未達。 平成19年12月
(9)西小、児童増加は増築で対応。 平成22年3月
(10)議員定数16人か14人へ削減。
平成23年4月選挙から適用。
平成22年12月
[U]国の財政・世界一の借金国
(1)平成23年度の一般会計予算は93兆円、国の収入は40兆円に対し借金(国債)は
43兆円で収入を上回る借金。いつまで続くか。
(2)国と地方の長期債務残高は平成23年度末には891兆円。GDP(国内総生産)
比184%となり先進国中最悪最下位。
(3)財政危機に瀬しているヨーロッパのギリシャはGDP比130.2%、イタリア118.3%
アイルランド93.6%からみても日本の債務がいかに危機的状況にあるかが分かる
町の財政、現状は健全
(1)収入状況、町の平均的収入は90億円
平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年
収入見込み 90億円
支出予算 95.0億円 95.7億円 95.6億円 95.1億円 93.8億円 93.6億円
(2)収入を上回る支出は貯金で補う
平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年
町債(借金) 6.9億円 5.4億円 4.1億円 4.2億円 6.2億円 8.6億円
基金(貯金) 6.8億円 5.4億円 5.9億円 2.9億円 12.0億円 0.0億円
13.7億円 10.8億円 10.0億円 7.1億円 18.2億円 8.6億円
(3)借りた金(町債)は毎年返済(公債費)
(15%超えると黄信号、20%超えると赤信号)
平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年
毎年の返済
公債費
8.9億円 10.4億円 10.1億円 10.0億円 10.0億円 10.0億円
予算に占める
割合
10.6億円 12.1億円 11.6億円 9.9億円 9.5億円
(4)借金は増え、貯金は減る
(平成13年度比 借金30.8億円増え 貯金は27.5億円減少)
平成13年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年
町債(借金) 58.7億円 87.0億円 85.7億円 86.1億円 89.5億円
基金(貯金) 60.8億円 33.5億円 33.1億円 33.1億円 33.3億円
問題点
(5)入るべき11億円のお金(税金)がはいらない
主な税と使用料
平成21年 微収予定 微収額 微収率 未収額
町税(町民税・固定資産税・たばこ税) 51.9億円 48.5億円 93.4億円 3.4億円
介護保険料 3.6億円 3.5億円 97.8億円 0.1億円
国保保険税 15.1億円 9.0億円 59.5億円 6.1億円
後期高齢者医療保険料 2.7億円 2.6億円 98.2億円 0.1億円
下水道料金 負担金 5.9億円 5.4億円 91.5億円 0.5億円
水道料金 9.8億円 8.9億円 90.1億円 0.9億円
89.0億円 77.9億円 87.5億円 11.1億円
※町税、国保保険税、水道使用料の未収額 計10.4億円、
※微税課の新設で対応を提言
[V]私がやるべきこと。次の一手。
(1)役場の改革・・・職場に緊張感、”待たすな走れ”お上の役場から民間型の役場へ
(2)町政の改革・・・待ち仕事から攻めの仕事へ。机から飛び出し現場へ走れ。現場で語れ。
押しかけ出前講座
(3)議会の改革・・・住民に痛みを与える前に、議員自ら血を流し、汗を流せ。
(4)未来のこどもに英語力日本一を・・・英語を語れない日本に明日はない。英語を磨き、
世界に羽ばたくこどもの養成を。
百年に一度のビックチャンスをつかめ
行財政改革のみでは町の発展は望めない。
今、福岡にビッグチャンス到来。福岡空港滑走路増設
(要10年、2000億円),九州新幹線開通、博多ー鹿児島間1時間19分、
熊本間33分。東南アジアからの観光クルーズ船の博多港への急増、
陸、海、空から人、モノ、カネが福岡へ集中する。
福岡に再隣接する志免町はこのビッグチャンスを
最大限に町の発展に活かさねばならない。
町長、三役、町議が一体となり町外へ向かって発信、
行動をおこし町発展の基盤を構築することこそ
最大の職務であり、責任である。
取組むべき具体的目標
1. 空港増設工事、周辺の施設、道路整備の事業に地元企業の参入、町民の就労を開拓する。
2. 空港関係者の宿舎、ホテルの誘致
3. 空港整備に必要な大量の土砂にボタ山の残土、宇美川の川砂の活要の提案
4. 空港地下鉄を競技場経由、志免町への延伸を強力に働きかける。
5. 福岡市と提携、1拐化をより積極的に、福岡空港問題、博多区に隣接する小中保育園の
志免町の共同活用
別府一、別府、御手洗ほか、ミニ集会での活動報告のあらましです。
要請があれば喜んで参上致します。
青春とは  原作詞 サムエル ウルマン 訳 新井 満
あなたの心のアンテナが
今日も青空高くそびえ立ち
いのちのメッセージを
受信しつづける限り
たとえ八十歳であったとしても
あなたは常に青春
青春とは真の青春とは
若き肉体のなかにあるのではなく
若き精神(こころ)のなかにこそある