第32回議会報告
今、町にとって一番大事なことは
英語学習10年プランの実践で
英語力日本一の先進地へ
福岡都市圏のグローバル化はこの10年以内で必ずやってくる。
8.7平方キロメートルの一番小さな志免町の最大の課題は、
8,000人の子供たち1人1人に園児・小学校の10年間、しっかりとした
英語力を身につけさせ、グローバル化の世界へ飛び立たせることにある。
早期英語力の養成には、子供たちは勿論、保護者・町民みんなが待望している。
(町長の選挙公約)行政の積極的取組みとスピードある行動力を強く要請する。

     志免町はどこでしょう?
      
      
答 え
目   次
 
 [T] 国と少子化と人口減少
   
      
1.戦後70年の出生数と出生率
      2.日本の人口はどうなる 
      3.少子化・人口減少の歯止めは

 [U] 岐路に立つ志免町の人口
   
      
1.2020年は人口増減の分岐点
      2.私の提言してきた「子育ての楽しい町」対策
      3.全国1番の元気な福岡都市圏

 [V] 志免町の「宝もの」は子どもたち8,000人の
    
    子どもたちへ3点プレゼントを

    
      
1.園児への英語学習支援を
      2.小学校1年生から英語学習の取組み
      3.パワーアップスクールで家庭の学習支援を

 [W] 『待ち』から『攻め』の行政に期待
         以 上
 [T] 国と少子化と人口減少
  
1.戦後70年の出生数と出生率
  平成28年(2016年)出生
100万人割り込み98万人へ


 これで人口の増えるわけがない。どこまで減少か?

  (1)
子供の出世数1975年(昭和50年)から2015年40年間減少し、
     2015年には出世数が明治から132年ぶりに100万人を割り込む

  (2)
20〜40才の女性人口の減少
     平成22年1584万人が平成26年には1423万人。4年間で160万人が減少。
     今後も減少が続く

  (3)
結婚できない・しない男女の急増 1990年(平成2年)の
     未婚率男5.57%女4.33%。2010年(平成22年)の未婚率は男20.14%
     女10.61%へ急増。25年後の平成47年には未婚率男3割・女2割と最悪へ。

  2.日本の人口はどうなる
    
    40年間出生数・出生率の低下
    日本の総人口が記録開始の1920年(大正5年)以来初めて減少。
    現在の出生率(1.44)のままいけば. 2040年には1億人。
    35年後の2 0 5 0年には9, 0 0 0万人へ。100年後には
    4,000万人。江戸時代の人口へ。少子化を食い止めるのは国家の
    緊急課題。

  3.少子化一人口減少の歯止めは
   
   子育てを個人の負担から国の負担へ

    平成27年9月安倍首相は「新・3本の矢」を発表。
    国民への協力を呼びかける。「新・3本の矢」の1本は出生率の改善。
    2 0 2 5年まで希望出生率1. 8。更に2 0 3 5年までに希望出生率2.07を達成し、
    2040年以降の1億人の人口維持を要請
    然し、平成27年の出生率1 . 4 6とやや改善するも、出生数は明治以降初めて
    100万人を割り込み、98万人の最悪の状況。
    出産・子育て・働き方・くらしの改善等々手を打ってきたが、根本的解決には至って
    いない。「出産・子育ては主婦の役割」が日本の風土の中にある。女性の子育てに対す
    る経済的・精神的負担の大きすぎることが出生率・出生数のブレーキとなっている。
    個人の子育て負担を大幅に改善し、子育ては国の問題・国の負担へと大きく転換
    することが解決のもとと考える。国の覚悟の問われるとき。
 
 [U]岐路に立つ志免町の人口

      
2015年10月国勢調査,粕屋町に追い越さる
      志免町4 5, 2 5 6人  粕屋町4 5, 3 6 6人

  
  1. 2 0 2 0年は人口増減の分岐点

   (イ)2010年(平成22年)から2015年(平成27年)の推移
   (口)志免町の心配なところ
    3悪:入る方は減り/出る方は増え/出生率は減
      社会増減では転入者の減少
      2015年は若い世代の転入者大幅減少。さらに転出者も増加。
      
      自然増減では出生者の減少
      若い世代の減少が出生者の減の原因となる。
      
      ※各項目の内容の分析と対策 急を要する

  2.私の提言してきた「子育ての楽しい町」対策
    提言1 結婚・出産・子育てへ町の積極的支援を要望提言
   提言2 無料で英語の学べる町へ
      提言1・提言2 について、何回となく議会の一般質問を通じ、町長・行政へ
      強く要望してきましたが、「検討します」の答えで殆んど取り上げられないまま
      となっている。志免町のカラーを出せ
   

福岡都市圈のグローバル化、
  
     目前に迫る子どもにしっかりとした英語力を
2016年 福岡市「住みやすいまち」世界7位
2017年 福岡市「国際会議誘致コンペ」シーホーク6月下旬 世界から150人来訪
2019年 福岡市「ラグビーワールドカップ」競技場
2020年 東京「オリンピック」「パラリンピック」4 ,0 0 0万人来訪
2021年 福岡市「世界水泳大会」
2025年 新・福岡空港 運用開始へ
これだけの国際クラスのイベントの開催は珍しい
地方都市福岡から国際都市福岡への進化の証
10年、20年後のグローバル化の渦中の第1線で活躍する子どもたちに
しっかりした英語力を身につけさせたい
英語力の差が子どもの将来を左右する
現在の学習指導要領の英語学習のスケジュールでは遅すぎる
園児・小学校1年生から早期英語学習の取組みを提言する所以

全国1番の元気な福岡都市圈 学校は町のシンボル

2015年の国勢調査では、福岡市が153万8千人で前回から7万5千人増加
東京23区を除き、増加率では全国トップ。県内60市町村のうち、人口が増えたの
は16市町村で。うち福岡都市圏が12市町。全国で最も元気な福岡都市圏として
今後の発展が期待される。
     
    福岡都市圏福岡市を除く16市町)
志免町の行政には、早くから園児・小学1年生からの英語学習の取組みを提言
してきたが、筑紫地区の4市1町に先を越さる。
園児・小学1年生からの早期英語学習の取組みは、若い世代の転入者を増やし、定着
率の向上により人口は増え、町の活性化につながる。
志免町の早急な取組みを要請する。

  [V]志免町の「宝もの」は子どもたち8 , 0 0 0人の
 
     子どもたちへ3点セットのプレゼントを
1。園児への英語学習支援を
 ALT(外国語指導助手)による保育園への巡回指導を。
 6才までに園児の知能の90%は発育する。園児への英語学習
 の取組は早ければ早いほど効果は大きい。
2。小学校1年生からの英語学習の取組み
 保育園・小学校の「英語学習10年プラン」一貫教育の設定と実践
 英語力・学力ともに向上
3。パワーアップスクールで家庭の学習支援を
 別府1パワーアップスクール例
 平成26年から実施。6月〜翌年2月。月3回土曜日9:30-12:00
 小学1年生〜6年生。登録50名。国・算の宿題復習の個人指導、講師
 3人。英語は1−2年、3−4年、5−6年の3クラスに分け、外国人
 講師の指導。勉強が済んだら楽しいランチタイム。腹一杯、お代わり
 自由、みんな二コニコ。子ども・保護者も仲良しになりました。いじめ・
 不登校・虐待は一掃されました。併せて子どもスポーツクラブにも
 積極的支援を。行政へのお願い。講師の確保・経費の支援等について
 一定の基準を示し、支援と指導をお願いしたい。
   『待ち』から『攻め』の行政に期待
少子化にストップをかけ、若い世代が安心して、楽しんで子どもを育てて
い<環境をつくっていくためには、親の出産と子育てに対する精神的・
経済的不安、負担を、国と町が一体となって支援することにある。
大きな投資となるが、子どもへの投資は若い世代と子どもの増加となり
地域の活性化、経済の発展につながる。ひいては、税収の増大となり、
高齢化社会への対応も可能となる。
     
     一歩踏み出さなければ何も変わらない
     
    子どもへの投資は必ず地元へ還元される

               

[お 知 ら せ]
      グランドに防災用ベンチの設置を(12月議会で行政にお願いしました)
1.異常気象の続発、事故.災害から身を守るため,防災用のベンチの設置をお願いしました.
2.特に、子ども・高齢者の利用するグランドでペンチがあったら
  安心だと思われる所は、遠慮しないで行政へ申し出てください.
3.点検の上、ベンチの設置を検討するとのことです
.

最後まで目を通して頂き有難うございました.

今、志免町でやるべき一番大事なことは何か

皆さんの考えをお聞かせください(アンケート)